時事通信社アグリオ4月24日配信

Posted カテゴリー: メディア掲載

 これまでの大量生産・大量消費の産地型農業は、農産物を単なる物とする「モノ生産」であった。  そこで、「農林水産の生業」における「コト生産」を考えてみたい。「コト生産」は、農林水産を巡る関係性に着目して、循環を創造する参加型の生産方式のことだ。  例えば、道の駅での農産物に生産者氏名を明記する販売も、循環や生産の物語(ものがたり)が見える「コト生産」といえる。  この「コト生産」は、地産地消という […]

【地域考】里山福祉 「高齢者と農業 好相性」(2018/01/28 デイリー東北)

Posted カテゴリー: メディア掲載渡邉ノート

 デイリー東北に掲載!!  食と農業、福祉の連携が雇用創出や地域活性化に貢献する好事例が、地方から次々と生まれている。  昨年月に広島県で初めて開かれた「里山福祉研究会」でも、広島、青森両県の関係者が中心的な役割を果たした。両県の先駆的な取り組みを紹介する  ➡紙面ダウンロード

【地域考】里山福祉 地方が挑む「食×農×福祉」(2018/01/14 デイリー東北)

Posted カテゴリー: メディア掲載渡邉ノート

 人口減少や少子高齢化、ヒト・モノ・カネの中央一極集中と、地方の暮らしを取り巻く環境は厳しさを増している。北奥羽地方も例外ではなく、福祉や農業分野を中心に働き手不足が顕在化している。こうした閉塞(へいそく)感を、食と農と福祉の連携による「里山福祉」で打破しようと声を上げるのが、元青森県立保健大大学院教授でNPO法人地域福祉研究室pipi(川崎市)理事長の渡邉洋一さん(66)だ。専門分野の垣根を跳び […]